美容効果が期待できるアロママッサージ

アロママッサージには、リンパ液と血液の流れを改善させる効果が期待できます。

女性は男性よりも筋肉量が少ないため、下半身がむくみやすいです。

生理前はさらに女性ホルモンの作用で水をため込みやすい状態になるので、立ち仕事を続けた夕方にはふくらはぎがパンパンになってしまうということもあります。

心臓は全身に血液を押し出すポンプの役割がありますが、その圧力も静脈までは届かないと言われています。

なので、ふくらはぎをマッサージしたり、運動することで水分の流れを良くしてあげる必要があります。

アロママッサージはむくみ取りに適しています。

足首から膝と、膝から脚の付け根をほぐしていくと効果的です。

むくみ解消にオススメのアロマオイルのブレンドは、ベースオイル20mlにサイプレス、ペパーミント、レモンの精油を1滴ずつ垂らしたものです。

これを適量手のひらに取って温めてから、脚をマッサージしていきましょう。

生理でイライラしがちなときにも、アロママッサージは効果的です。

アロマオイルの香りとマッサージによるボディタッチには、自律神経とホルモンバランスを整える効果があるからです。

お風呂上がりの体が温まったタイミングに、部屋を適温にしてマッサージを行うようにしましょう。

生理前の1〜2週間前には、ベースオイル20mlにクラリセージ2滴、ベルガモット1滴、ローズ1滴のブレンドオイルを使うのがオススメです。

この香りには気持ちを前向きにする作用も期待できます。

生理前でむくんだり、イライラすると美容にとってはよくないことだらけですから、アロママッサージを行ってリラックスするようにしましょう。

エステサロンなど本格的な所に行かなくても、アロマオイルを作れば自分でマッサージすることができます。

血液やリンパ液の流れが良くなることで、新陳代謝が良くなって肌がきれいになったり、内臓の調子が良くなったり、生理痛が緩和されるなどのプラス効果が期待できます。

出張マッサージを使うメリットとは

仕事などで過度の緊張やストレスを感じたり、身体を動かすことによってくたくたに疲れてしまうことは誰にでもあります。

疲れが残ったまま就寝すると、身体は疲れているのに緊張感が取れずにぐっすり寝れないこともあります。

この様な疲れた時にマッサージを受けることは、疲れを取る効果があります。

プロの手による指圧などで身体の筋肉の凝りをほぐしてもらうと、肩や背中、足腰などの重みや痛みもすっきりします。

疲れを取ってその夜をぐっすり休み、次の日を元気に迎えることも出来るでしょう。

マッサージにも色々な種類がありますが、出張マッサージを利用する事は疲れを取って身体を癒すために非常に有効です。

出張マッサージとは、希望者の自宅や宿泊先などにマッサージ師を派遣して施術を施すサービスです。

日本でもさまざまなタイプのマッサージ市場があります。

出張マッサージにおいても按摩マッサージ、タイ古式マッサージ、アロマオイルマッサージ、エステティックマッサージなどさまざまな種類の中から選べます。

以前一度利用させていただいた東京出張マッサージセンターはセラピストの質も高く良かったですね。

ソファやベットなどの施術するスペースがあれば、自宅やビジネスホテルだけでなく職場への派遣をしている業者も存在します。

出張マッサージを利用するメリットはどのような点にあるのでしょうか。

一番のメリットとして挙げられることは、店舗に出向かなくても自分のいる場所でそのまま受けられることでしょう。

出張で疲れた時にもビジネスホテルのベットでマッサージを受けてそのまま寝てしまうことも出来ます。

女性であれば化粧を落としてアロママッサージを受けてリラックスした後に、わざわざ化粧をし直して家に帰る必要もありません。

また、空き状況が許せば、自分の予定に合わせて予約時間と場所を指定できます。

移動時間も無ければ、待ち時間も発生しません。

この様なメリットからも、遅くまで営業時間を設定している店もあるので便利です。

外出時の様に身なりを気遣ったり、周囲に人がいて気兼ねすることも無く、リラックスした自分の空間で人に気を遣わずにマッサージを受けられることが出張マッサージのメリットと言えるでしょう。