箱根に行ったときに観ておきたい場所

1.箱根を観光するポイントについて

箱根は東京からもほど近く、気軽に行ける観光地でもあります。
そのため行った際には見ておきたい観光スポットもあるので、どのようなものが定番であり寄った方がいいのか把握しておくことが大事です。
そうすることでたくさんあるスポットの中から、行きたい場所を選べるようになるので無駄なく楽しむことができます。

またその際には日帰りでも十分に楽しむことができますが、より多くの名所を回りたい場合は一泊二日など泊りがけで行くことも選択肢の一つです。
そうすることで、より深く箱根を知ることができます。

筆者は以前、強羅にあるリゾーピア箱根に宿泊したことがありますが、そこにあるロイヤルウッドというラウンジはかなりくつろげた記憶があります。

他にもどの時期に行くかというのも重要なポイントであり、おすすめの時期は6月から7月のアジサイが咲く季節になります。
寒くなく真夏よりは涼しい時期でもあり、きれいな景色を見ながら散策するのにうってつけの季節です。

移動の面も考えてフリーパスを利用することで、鉄道やケーブルカーそしてバスなどを何回でも乗り降りができます。
2日間と3日間のチケットがあるので、自分の都合の良い方を選ぶようにしましょう。

2.駅周辺の温泉街

まず見ておきたい場所の一つに、駅周辺の温泉街があります。
駅から近いため行きやすいことも特徴で、飲食店やお土産屋さんもたくさんあります。

お昼ごろに駅に着いた場合には、この周辺で昼食にするのも楽しめます。
また日帰り温泉施設も多くあるので、日帰りで観光する場合には最後にお湯に浸かってから帰るのも旅を満喫できる方法です。

登山電車も楽しい場所であり、三回のスイッチバックに時期が合えば満開の紫陽花を楽しむことができる場所です。
様々な景色を眺めることができるので、あまり歩いて散策したくない人にもおすすめの方法になります。

3.ロープウェーからは大桶谷や富士山そして芦ノ湖などを見ることが可能

ロープウェーも観光スポットの一つであり、高い位置から大桶谷や富士山そして芦ノ湖などを見ることができます。
ロープウェーは山を突っ切っていくため、見頃な時期は秋になります。

紅葉シーズンは木々が色づき、カラフルな景色を堪能することが可能です。
その目的で行く際は時期がずれてしまうと鮮やかさがなくなってしまうので、紅葉情報などを確認してタイミングよく行くことが大事です。
紅葉スポットはいろいろありますが、毎年11月上旬から12月上旬ほどがシーズンなのでその期間あたりにいくのがおすすめになります。

箱根には美術館が多くあるのも特徴の一つで、どれか一つは見ておきたいものです。
岡田美術館は施設美術館であり、実業家の岡田和生氏が収集した日本や中国などを中心とした美術品が並んでいます。

4.美術館巡りもおすすめ

古民家を改装したカフェが敷地内にあるので、そこで一休みするのもいいでしょう。
またすぐ近くに箱根小涌園ユネッサンという温泉施設があり、こちらで疲れをいやすことも選択肢の一つです。

彫刻の森美術館は野外彫刻を中心としたものであり、広大な庭園を散策しながら干渉することができます。
それほどアートに興味がなくても、散歩がてら観ることもできるので気軽に楽しむことができます。

ガラスの森美術館はヴェネチア歴史や生活文化をテーマにしており、レストランやガラスの体験工房などがあり楽しみ方もたくさんです。
絵画を鑑賞したい場合はポーラ美術館に行ったり、箱根サン=テグジュペリはファンタジー感があふれておりかわいらしい場所です。

5.11月から2月の空気の澄んだ早朝は逆さ富士に出会える?

綺麗な風景は山の木々を見ること以外にも、湖を見て楽しむことも選択肢になります。
湖畔路から見える景色は場所によっては、富士山と芦ノ湖そして赤い鳥居を一緒に楽しむことができます。

山の天気であるのでその日にならなければわかりませんが、11月から2月の空気の澄んだ早朝は逆さ富士に出会える可能性が大きいです。
朝早くから行かなければいけないため大変ですが、絶景を観たいのであれば頑張って赴くのも選択肢です。

芦ノ湖の湖畔には平和の鳥居で有名な、箱根神社が佇んでいます。
交通安全や心願成就に開運厄除など、いろいろなご利益があるとされ関東屈指のパワースポットとしても有名です。

観光に来たけれど時間がなくて少ししか回れないという場合には、この神社に行ってお参りをしておきましょう。
そしてパワーをもらって帰ることで、いいことが起きるかもしれません。

6.やっぱり箱根駅伝!

そして忘れてはいけないものが、正月の恒例となっている駅伝になります。
1月2日と3日であるので限られていますが、タイミングがあれば直接見ておきたいものです。

正月にテレビでは見たことはあっても、直接現地で見たことがある人は少ないでしょう。
正月に旅行で行く際には、是非とも見ておきたいイベントになります。

このように様々な観光スポットがありますが、まだまだたくさんの名所が存在します。
そのため1日や2日で見て回れるものではないので、存分に満喫したい場合には時間に都合をつけて数日は宿泊したいものです。

またはその時その時に回るエリアを限定して、隅々まで攻略するのも楽しいかもせれません。
何度も行くことでより多くの発見をできるので、いろいろと見て回れるようにしましょう。